リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




アドセンスでクリック単価の高いキーワードで成果を出す工夫

アドセンス収入は、ブログやホームページのアクセス数にクリック率とクリック単価を掛け合わせたものです。ここではクリック単価の上げ方、及びクリック単価が高いキーワードについてまとめてみます。

 

クリック単価はよくCPCと省略されて表記されています。これは、広告が一回クリックされる時に発生する金額の事です。もちろん、この数字が高ければ高いほど、広告から得られる報酬も多くなります。

 

アドセンスの報酬を高める言葉と広告の種類について

では、どんな言葉を使う事によってその数を増やすことが出来るのでしょうか。まず、サイトにアクセスしてきた人たちは、興味のない広告にはクリックしないでしょう。

 

つまり、訪れてくれる人達は何らかのキーワードを基に訪れているわけです。それ故、コンテンツの専門性を高める事で、訪問してくる人達の興味に沿った広告を提供する事ができるでしょう。

 

広告の大きさも大事な要素です。

 

サイズは一般に、336×280・300×250・728×90、そして160×600の4種類があります。その中でも、300×250のタイプが一番良いとされています。

 

また、広告の掲載位置も大事なポイントです。最初に見た時にインパクトのある位置に広告を配置したり、記事の下に置いたりなど、色々な場所をテストしてみて、自分にとって最適な広告配置場所を決めてみましょう。

 

単価の高いキーワードの具体例

一般的に高額なクリック単価とされているキーワードは、教育や求人、健康といった分野がありますが、その中でも保険・投資・融資などの金融関係のキーワードは単価の高いジャンルになっています。また、失業やリストラ、解雇といった人が不安になる要素の高いキーワードもクリック率が良いとされています。

 

しかし、この様な人気キーワードを使うだけでは、サイトを作り上げる事は可能であっても、クリック率を上げる事は無理です。

 

キーワードを見つけた後は、サイトのコンテンツに多くその言葉を含ませる事が大事です

 

アドセンス広告が表示されるキーワードはたくさんあります。それ故、安い広告は出来るだけ避けておきたいところです。

 

どうせやるなら、クリック単価の高い広告を表示させたいですね。クリック単価が低くて悩んでいる人は、この様な不安要素が多いキーワードを選んでみましょう。