リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




読みやすいブログのレイアウトは改行と段落がポイント!

人気があってリピーターの多いブログというのはどれも読みやすいよう記事全体がレイアウトされています。これは書店などで販売されている雑誌と同じこと。

 

雑誌を購入する前に誰しもまずどんな雑誌なのかを確かめる為に数ページ開いて確認することと思いますが、この時段落も改行もなくひたすら文字がビッシリ詰まっているようであれば読む気を失いますよね。

 

ブログに関しても同じで、読みやすい記事にするには読者が疲れたり飽きたりしないようレイアウトに工夫がなされていなければならないのです。

改行に注意!区切りが無いと読みにくいです

まず改行の仕方ですが、大体1行を30文字前後とし、そのあたりの区切りの良い部分で改行しましょう。それ以上になると横への目の移動が長くなってストレスを感じさせます。ただしあくまで「区切りの良い部分で」。

 

とにかく改行だけを意識した書き方をしているサイトをたまに見かけますが、改行した為にその文の意味が分かりにくくなってしまっていたりひどい場合には単語の途中で改行していたりと、非常に見苦しい記事になってしまっています。

 

段落も開けないと、ブログが読みやすくなりません

また段落に関しては、大体3~4行程度を目安に設定しましょう。それ以上になると読者は文字の塊によって圧倒されてしまい、読む気を失わせてしまいます。

 

勿論これも内容に合わせて段落を作るのがベスト。3~4行で内容を完結させることができない場合でも、少なくとも意味の区切れで改行するようにしてください。

 

小見出しをつけるとブログが一気に読みやすくなりますよ

また1500文字以上の記事になる場合、読みやすくするためには小見出しを付けて内容を分割し、ポイントとなる点が浮き彫りになるようにすると良いでしょう。改行し、段落をつけてもひたすらそれらが続くだけでは疲れてしまい飽きがきます。

 

しかし小見出しがあればそこで一旦区切りができて休憩でき、かつ次に言いたい文章の予想もつけることができるので、最後まで読もうという気になります。

箇条書きを取り入れると、結論が分かって読みやすくなる

更に同じテーマでもちょっと違った点を扱うならその部分だけ囲み枠にしたり、ポイントとなる点を箇条書きにしたり、内容をイメージしやすい画像を挟んだりすることで長い文章にもリズムができ、読みやすくなる上内容が一層分かりやすくなります。

 

また動画を挟むことで文章では伝えきれないことを補足でき、休憩を入れることで読み疲れを軽減させることもできるでしょう。