リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




読まれるブログのコピーライティングって何?

アフィリエイトとしてブログを運用している人にとって、自分の書く文章はつまりコピーライティングです。

 

小説や日記とは異なりコピーライティングである以上人が読み、それに基づいて行動するよう促す必要があり、そのためのテクニック、ノウハウも存在しています。

 

コピーライティングの三原則として有名なのは「マクスウェル・サックハイムの三原則」と呼ばれるもので、「Not Read:見込み客は、あなたの広告を見ない。」「Not Believe:見込み客は、あなたの広告を信用しない。」「Not Act:見込み客は、あなたの広告を見ても行動しない。」の3つを乗り越える必要があるとされています。

 

ブログで言えば「あなたの文章を読む気がしない」「あなたの文章をうそ臭いと思う・信頼性に欠けると思う」「あなたの文章を読んでも無視する」といったところでしょうか。

 

ではこの三原則で最も最初に突破しなければならない「あなたの文章を読む気がしない」を克服するためにどんなテクニックが求められるのでしょうか。

 

読む気にさせるブログの書き方とは?

人が長文を読む気になるかどうかは、基本的にタイトルやキャッチコピーにかかっています。

 

山のように届くダイレクトメールの中から実際に封を切って呼んでみようという気になるのは、自分にとってメリットがありそうだと思わせるタイトルやキャッチコピーが載せられているものですよね?

 

ブログも同じで、タイトルが分かりやすく読むことで簡単にメリットが得られるように思わせるものであれば、人はそのサイトに立ち寄ってみようかな、と思うわけです。

 

ブログに書く順番もコピーライティングの技術の一つ

しかしただタイトルが魅力的であっても、文章の導入部分で引き続き読者を惹きつけることができなければ、読者は本文を読む前に去っていってしまいます。

 

逆に導入部分が魅力的であれば本文の内容はどうあれとりあえずは最後まで読んでみようという気にさせることができます。

 

導入部分で簡単に人を惹きつけるテクニックの1つは、結論を最初に持ってくること。例えばタイトルで「確実に稼げる不労所得はどれ?」と質問を提起したなら、導入部分で最初から「それはアフィリエイトです。

 

その理由を3つに分けてご説明します」と書き、本文を3つの小見出しに分けて説明するという構成にします。

 

こうすれば読んだ後で「時間を無駄にした」と後悔する可能性が低くなるため、時間のない読者でも読んでみようという気になるのです。