リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




読まれるブログの書き出しで決まる!3つの簡単なテクニックと例文

タイトルやディスクリプションで読者を惹きつけ自分のサイトに入ってもらったとしても、書き出しでスベるとその時点で読者は去っていってしまいます。

 

例えどんなに本分の内容のクオリティが高くても、書き出し、つまり導入部分がつまらない・興味を引かない・読んでいてストレスになるのであれば、本文にまでたどり着いてもらえないわけです。

 

そこで読者を本文にまでひきつけることのできる書き出しのコツについて、3つの方法に分けてご紹介したいと思います。

 

問題提起法・状況説明法で読者を惹きつけよう!

読まれるブログの導入部分として最もベーシックなのが、「状況説明法」あるいは「問題提起法」です。状況説明法とはその記事を書こうと思ったきっかけを説明する文章で、例えば睡眠とニキビの関係について書く場合に、「ここのところ忙しくて睡眠時間は平均4時間、気が付けば顎にプツプツと大人ニキビが・・・!」といった出だしから入ります。

 

これによって同じような経験をしている読者が惹きつけられるわけです。また問題提起法の場合「最近急にニキビが目立ちだしたとお悩みの方、そういえばここのところ睡眠時間が足りてないかも・・と思い当たるフシはありませんか?」と直接本文に繋がる質問を提起することで読者を本文へと導きます。

 

結論提示法でとにかくブログを読んでもらおう

自分の文章に自信がない場合、導入部分で先に結論を書いてしまう「結論提示法」がお勧めです。

 

例えば「大人ニキビの原因は色々考えられますが、睡眠不足もその1つです」と述べ、続いて本文でそう断定する理由やメカニズムについて説明するのです。これは多くのブログで使用されている方法なので、色々お手本を探ってみると良いかもしれません。

 

関連提示示唆法を使えればファンが増えるブログが書ける

多少の技術が必要であるものの、上手く使いこなせれば読者を惹きつける高い効果を発揮するのが、「関連提示唆法」です。

 

これは導入部分で本文に関係するショートストーリーを提示するというもので、有名人の名言や本の引用、ことわざなどに言及してからそれがテーマと深い関係があることを説明し、本文に導く方法です。

 

前述のニキビと睡眠で言えば「昔から『寝る子は育つ』と言いますが・・・」と始めるのがこれにあたります。

 

上級になればこの引用文が伏線となって、結論部分でもう一度現われて上手くまとめるといった高度な記事を書くこともできるようになります。