リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




読者を惹きつけ最後までブログを読んでもらう2つの工夫

タイトルやディスクリプションで「これは読む価値がありそうだ」と思ってサイトに入っても、途中で読むのを辞めてしまったという経験は誰しも持っていることと思います。

 

多くの場合内容が自分の思っていたものと違ったというのがその理由ですが、中には途中で飽きたりストレスになったりして、読む気がなくなってきたというものもありますよね。

 

ではどうすれば読者を惹きつけ続け、最後まで読ませるブログにすることができるのでしょうか。

 

最後まで読みたくなるブログにする方法の1つは、ストーリーや体験談を折り込むことです。

 

単なる客観的な情報提供だけではその情報を必要としてる人以外には退屈な内容になってしまいますし、それなら同じような情報を提供している他のサイトを閲覧しても良いわけです。

 

しかし冒頭で自分の体験談をストーリー調で紹介し、最終的にどんな結果になったかを結論部分で紹介するようにすれば、これは他のサイトでは決して知ることのできないオリジナルの情報となり、続きを知りたい読者は一旦最後まで読んでみようという気になるわけです。

 

また自分の体験談を書くことでその情報に一層の信頼性を持たせることができます。

 

もう1つの方法は、読者が想像力を働かせその内容をイキイキと思い描けるようにすることで、現実味を持たせることです。

 

例えば「もしあなたが○○だったとしたら・・」「○○といった経験をしたことがありませんか?」といった読者の想像力を刺激する書き方をすることで、読者自身をその内容に引き込んでしまうのです。

 

また想像力を刺激し現実味を持たせるのに例えや比喩も効果的。分りやすい物事に置き換えることで情報を消化しやすくなり、頭に思い描きやすくなってストレスなく読みすすめることができます。

 

更に覚えておきたいのは、文章自体の読みやすさを意識することです。小説ならともかく、情報提供や広告が目的のブログであれば美しい文章より分りやすく読みやすい文章でなければ読者にとってストレスになってしまいます。

 

目安は中学2年生が読んで理解できる文章レベル。従ってわざわざ辞書で調べなければならないような語句は避けた方が無難です。

 

専門用語も同様に、その分野に詳しい人をターゲットに書いているのでない限り、代わりに同じことを意味する別の言葉に置き換えるか、最初にその単語の意味を説明するようにしましょう。