リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




FXブログで稼ぐための見出しタイトルのつけ方の工夫

FXの知識が十分あり、実績もあるのに全然アクセスが集まらないブログを作っている方に今回はアドバイスしたいと思います。

 

どんなにクオリティの高い内容でもそもそもサイトに入ってもらえなければ全く意味がありません。ではどうすれば自分のブログサイトに入ってもらうことができるのか?

 

答えは簡単、FXをやっている人が興味を引く見出しタイトルをつけることです。

 

この見出しのつけ方次第で元々そのテーマに関心がなかった人でさえも「覗いてみようかな」という気にさせることができるのです。

 

FXブログで稼ぐためのコツ

タイトルのつけ方の基本は、その記事の内容をまとめることです。例えばFXのノウハウについて書いているのであれば、「初心者のためのFXの基本」がそのタイトルになります。

 

しかしこれではインパクトがないため、数ある同じような情報サイトやブログの中に埋もれて「これを読もう!」という気にはなってもらえないでしょう。そこで見出しのつけ方にテクニックが必要になるわけです。

 

FXをやっている人がどんなことに興味があるのか?

興味を引くタイトルをつけるテクニックの1つは、内容の1つをピックアップして具体的なタイトルにすることです。

 

上記の例で言えば「FX初心者はスワップポイントから入れ!」といった風に、数ある内容の中から1つだけを取り出してタイトルにしてしまうのです。

 

こうすることである程度具体的な内容を想像することができ、どういうことなのかを確認したくなる(=読みたくなる)のです。

 

FXの常識を破るタイトルでアクセスアップを狙う

インパクトの強さを重視したタイトルにしたければ、一般的に考えられていること、常識とされていることに反したタイトルにするのがお勧めです。「FXにテクニカル分析は不要!」「FX初心者はクロス円に手を出すな!」など等。

 

これを見た読者は「え、どういうこと?」と驚いて続きを読みたくなるわけです。

 

ただしこれは実際に内容と合致していなければなりません。記事の内容が常識とは逆に行くものである場合には、ぜひこの方法を使ってみてください。

相手に疑問を抱かせるタイトルも、クリック率が高い

興味を引くタイトルにする一番簡単な方法は、内容について考えさせる質問を提起することです。

 

「FX初心者はなぜ勝てないのか」「どうしてロスカットが必要なの?」など、質問をそのままタイトルにすると、それを見た読者は「え、何でだろう?」と好奇心が刺激されその答えを確認したくなるのです。

 

この他、誇張表現や数字を入れる方法(例;「FXで100万円稼ぐ方法」)なども、インパクトのあるタイトルにするコツです。