リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




アフィリエイト用書評ブログの書き方

ブログを運営していくうちに、自分が読んで感動した本・面白かった本を紹介したくなることもありますよね。

 

読者に紹介することで誰かと同じ気持ちを共有できると楽しい気分になりますし、アフィリエイトによって副収入を得ることもできます。

 

ブログにはカテゴリを分ける機能が付いているので、「書評」のカテゴリを作っておいて、気に入った本を紹介する記事を書くと良いでしょう。

 

書評ブログを書く際の心構え

書評を書くにあたってまず最初に考えたいのが、その記事を書く目的です。つまり自分の記事を誰にどう思って欲しいのかを明確にするということ。

 

例えば「子育て中の主婦に『この本は子育ての役に立ちそうだ』と思ってもらい、購入してもらうこと」が目的であれば、自ずと文体や特に紹介したい内容も絞られてくるわけです。

 

書評記事を書くまでの作業順序

記事の目的がハッキリしたなら、実際に執筆にかかりましょう。ブログのようなデジタル記事の場合は特に、ダラダラと文章を書き連ねた記事は読みづらく好まれません。他の記事と同様に小見出しを使って項目分けしましょう。

 

書き方としては、「要約→引用→感想→関連」の順が最も分りやすい構成です。

 

「要約」部分でまず自分がその本を知ったきっかけや読もうと思ったきっかけについて書き、「引用」部分でタイトルや著者などの基本情報や、何について取り扱った本なのか、短いあらすじを紹介したりその本の要となる文章を引用したりします。

 

あらすじは書き過ぎない方がウマい書評記事ができますよ

この時あらすじを書きすぎたりあまりに多くの引用文を導入したりしないように注意しましょう。あらすじや引用文だけでは、その本の面白さ・良さは伝わりません。それらを伝えることができるのは次の「感想」部分です。

 

感想文には自分の過去体験を入れてみましょう

「感想」部分はもちろん自分の感想を書くわけですが、ここに「実は私も主人公と同じことをしたことがあって・・・」「ちょうどこの部分を電車の中で読んでいて・・・」など等自分の体験を混ぜると、書評がイキイキとし説得力が増すのでお勧めです。

 

アフィリエイトの売り上げを伸ばすには関連本を紹介しよう

最後の「関連」部分では、その本をお勧めする理由や特に誰に勧めたいのかを書くとともに、関連記事として自分の過去のリンクや本の詳細ページへのリンクを貼っておくと良いでしょう。

 

書き上げた記事のタイトルには必ず本のタイトルを入れ、その本についての情報を探している人が検索した時にヒットするようにしておきましょう。