リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




売れる物販レビュー記事の書き方とは?

ブログによって収入を得る代表的な方法といえばアフィリエイト記事。

 

特に自分が実際に使ってみて良いと思った物販商品を紹介するレビューは書きやすくて初心者でも始めやすく、かつ商品の購入を迷っている人にとっては有益な記事となるため人気があります。

 

そこでレビューの書き方とそのポイントについて考えてみたいと思います。

f:id:find-search:20150319192337j:plain

 

物販商品は紹介用の写真を先に撮りましょう

 

当たり前ですがレビューを書くにはまずその商品を使ってみなければなりません。商品が届いたら早速開封して使用、といきたいところですが、その前にまず商品全体の写真を撮っておきましょう。

 

読者にとってまだ手にとって見ていない商品について、イメージするために欠かせないのが写真です。

 

商品公式サイトのような美しい写真を撮れればそれに越したことはありませんが、画像が明るくきちんとピントが合っていて分かりやすい写真であればOKです。

 

余計なものが背景に写らないように注意しますが、商品によってはサイズが分かった方が良いものもあるので、その場合は大きさを比べられるものと一緒にワンショット撮っておきましょう。

 

また中身が分かる写真や使用中の写真(化粧品なら中身を肌に塗ってみた写真や手に取ってみた写真など)も数枚撮っておきます。

 

 

商品紹介のための小見出しを決定します

写真の準備ができたらブログを書いていきますが幾つかの小見出しに分けて書くと、書き進めやすくかつ読者にとって分りやすい文章になります。

 

例えば「商品を購入したきっかけ」「届いた商品の全体的な特徴や説明」「実際に使っているところのレポート(どんな風に使ったか、頻度や使い方、使用感など)」「使ってみた感想、商品によって実際に得た効果」「まとめ」という構成にすると分りやすいでしょう。

 

マイナス面を書いた方がレビュー記事に信憑性が出ますよ

この時絶対に商品のマイナス面を書いてはいけない!と神経質になる必要はありません。

 

気になる部分があればそこも正直に書くとブログの信頼度が増します。ただしけなすのはNG。例えばサプリメントの味がイマイチ・・・

 

という場合には「口に入れたときにちょっと苦味が感じられますが、水でサッと流し込めるので特にストレスにはなりません」と書くことができます。

 

記事を書き終えたら文章に合わせて写真を貼りましょう。

 

冒頭に商品の全体写真、使用中のレポートの部分に実際に使っている写真、まとめの部分に違うアングルで撮った写真、と分散させて貼ることで飽きのこないブログに仕上げることができます。