リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




売れるゲームレビュー記事の書き方のコツ

ブログネタとして良く使用されるレビュー記事。商品や書籍、映画についてのレビュー記事なら初心者でも始めやすく、実際その数も非常に多いのですが、ことゲームに関しては「難しそう」というイメージが強くなかなか手が出せない分野のようです。

 

実際ちょっと変わった分野ではあるのですが、書き方のコツさえ掴んでいれば案外それほど難しいものではありません。

 

ただ読書が嫌いな人は書評ブログを書くことに向いていないのと同様、ゲームそれ自体対して好きでない人にレビューブログを書くことは向いていないと覚えておきましょう。

 

ゲームレビュー記事作成の基本的な流れ

f:id:find-search:20150320091048j:plain

さて、レビューの為にまず最初に準備する必要があることは、当然のことながらレビューしようと思っているゲームを実際にやってみることです。どれくらいやってから記事を書くかはそのレビューのタイプによります。

 

例えば話題の新作を発売直後にプレイし、誰よりも先にその情報を発信したい場合には、3~4時間でざっと大まかな雰囲気やシステムを掴むだけでOKですし、クリアしてからレビューするなら当然クリアできるまで時間が必要です。

 

更に1つの作品を毎日プレイし実況中継のようにその内容を徐々に伝えていく場合であれば、毎日定期的にゲ割くことのできる時間が適当な時間ということになります。

 

しかし大抵の人はクリアまでいかなくても、ある程度作品の全体像が掴めるまでやりこんでから書く「中間レビュー型」であることが多いことから考えると、5~10時間くらいプレイしてから記事作成に入るのが適当でしょう。

 

またプレイ中は気になったところを次々とメモしていきましょう。

 

ゲームレビュー記事の構成は5つでOK

レビューできるまでやりこんだら、実際に記事にしていきます。他のレビュー記事同様、幾つかの小見出しに分けて書くとまとめやすく読者にとっても分かりやすくなります。

 

具体的には、「作品の背景(原作となった小説や映画、歴史、シリーズの系譜など)」、「作品の内容(キャラクター、ストーリー、システムなど)」、「特徴・問題点(その作品特有のシステムや改善して欲しいと思ったところなど)」、

 

個人的感想(楽しめた部分・楽しめなかった部分など)」「まとめ(全体的な評価、結論)」の5つに分けて書くと良いでしょう。

 

問題点も指摘しつつ最終的にポジティブな印象を与えるようにすればOKです。