リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




中小企業の経営者がブログで採用率をアップしているという事実

採用難の時代に、経営者自らが発信する社長ブログのせいで、質の良い社員を集めることに成功している事実をご存知でしょうか?

 

企業ブログをしている企業はたくさんありますが、多くの場合、複数の社内スタッフが持ち回り制で書き込みを担当していることが多いものです。

 

もちろん、誰が書いても内容やコンテンツが充実していて、ユーザーが知りたいなと思っている内容になっていれば問題はないのですが、社内スタッフが書くのと経営者が書くのとでは、企業にとってのメリットは大きく異なります。

 

企業にとって、商品やサービスに対する思いは社員全員が共通して持っていますが、その中でも経営者の商品やサービスに対する思いは、他の社員とは比較にならないほど強いものです。

 

商品誕生のキッカケや、開発にまつわるいろいろな思いなど、商品を開発する際には社内にたくさんのドラマが存在しています。

 

そうしたドラマをユーザーと共有することによって企業に対する親近感を持ってもらったり、ユーザーにも商品に対して親近感を持ってもらえるなどのメリットが期待できます。

 

 

企業の経営者というと、本田宗一郎氏や松下幸之助氏など、一流企業の社長をイメージする人も多いでしょう。

 

仮に、彼らがブログを書いていたとしたら、書かれている内容に限らず、読みたいと思うユーザーは多いでしょうし、どんな内容でも企業を大きく成長させた人のドラマを垣間見たいと思う人は多いものです。

 

f:id:find-search:20150528205809j:plain

経営者ブログは社員採用の際に役立つことが多い

中小企業の場合でも、企業を立ち上げた人たちの苦労話や達成話、今後の見通しや将来の夢などに耳を傾けたいというユーザーはとても多いので、ブログという媒体を活用することによってコミュニケーションをとることができます。

 

 

また、企業のトップが書くことによって、採用活動においても大きな効果が期待できます。どういうことかと言うと、就職活動をしている人たちの多くは、採用試験を受けようと考えている企業のホームページなどは欠かさずチェックしています。

 

社長の考え方に共感できなければ、そこの企業へ就職するのは辞めようと思うでしょうし、賛同できれば、ぜひその企業で働きたいと考えるでしょう。

 

ホームページの一部を使って社長の考えや意見をユーザーとシェアすることは、採用試験で「ぜひこの企業で働きたい」と言う人材を集めやすくなりますし、離職率の低下にもつながります。

 

もし、取り組んでいないのであれば、早めにブログを立ち上げることをお勧めします。経営者の本気の言葉が社員を動かすのです。