リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




どちらが稼げるの?アドセンス広告と物販ASPのバランスを解説!

今回は楽天やアフィリエイトB、アクセストレードやリンクシェアなどの物販ASPとアドセンスのバランスについてです。

 

どちらの方が稼げるのか、売り上げに貢献するのか?両方を併用する場合はバランスについて知りたいってことですね?

 

この辺についてテクニックとともに紹介したいと思います。

 

f:id:find-search:20150928003439j:plain

 

アクセス解析キーワードによってバランスと配分を分けよう!

正直、月に100円でも200円でもよいと思うのであればアドセンスを貼って趣味日記を1000文字ぐらい書けば、どう考えても20~30記事で達成します。

 

そういう意味では稼げないと全くモチベーションが沸かないという人はアドセンスをメインでやって頑張るということもありです。

 

ただ、これって最低レベルのバイト以下の時給ですよね?だからちょっとだけ稼げてもモチベーションが下がって辞めてしいます。

 

で、何でASPとアドセンスのバランスを決定すればよいのか?というとアクセス解析キーワードなんです。

 

① 固有名詞が多い場合

② 抽象名詞や形容詞が多い場合

 

この二つで物販のASPか、アドセンスを分けて考えると良いと思います。

 

具体的な固有名詞が多い場合は物販ASPが稼げる

まずは、アクセス解析キーワードに商品名や、地域名、人物名などの具体的な固有名詞が多く入っている場合はすでに訪問者は何かの目的を明確に持って検索している可能性が多いので物販ASPをメインにした方が稼げます

 

形容詞語句が多い場合はアドセンスが稼げる

今度は反対に皆さんのアクセス解析キーワードに形容詞が多い場合はアドセンスの方が稼げる可能性が多いです。

 

大きい、小さい、悲しい、寂しい、切ない、苦しい、痛い、このような人の感情に関わるのが形容詞の特徴です。

 

感情はあるけど、答えがない状態でアクセスしてきている人が多いということは、その答えはアドセンスに任せて相手にクリックしてもらえばよい(笑)

 

最終的に大きく稼げるのは物販や情報系ASPです

ただ、どちらの方が、実際に大きく稼げるのか?具体的に言うと月に10万以上楽に稼げるのか?安定できるのか?というと物販や情報系のASPです。

 

アドセンスの場合は一クリック100円以下が多すぎる。そうなると1万稼ぐだけでも100回もクリックされないとだめで、そのためには一日1000ぐらいPVが必要になってしまいます。

 

その点物販ASPの場合は100クリックで2パーセント売れば1万ぐらいの案件はゴロゴロあるし、さらにアドセンスも組み合わされば最終的に売り上げがでかい。

 

私のコンサルメンバーさんも、最後はアドセンスをはがして、物販ASPで勝負している人が多いですよ?

 

アドセンスとASPの売り上げ比較は記事下広告で確認

で、アドセンスと物販ASPのどちらの方が自分のサイトの売り上げを最大化するかどうかというとこは、記事下広告をアドセンスと物販の広告の二つに切り替えて2週間ぐらい様子を見てください。

 

それで売り上げが上がる方にしたほうが良いです。サイド―バーやヘッダなどで比べるとあまり正確にデーターが取れません。一番クリック率が高く、購入見込みも高い記事下広告で比べてみると良いと思いますよ!