リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




突然アドセンスのクリック単価が1円になり毎日の収益が下がった!?

あれ?おかしいぞ、一生懸命記事更新をしているのに、アクセスも伸びないばかりか、アドセンスクリック単価が極端に落ちている!?

 

連続して1円の日が続いて一日の売り上げも数十円・・・??

 

そりゃやる気なくなりますよね?モチベーション下がってしまいますよね。

今回結構いろんなところで起きているみたいなのでどうすれば良いのか?私なりの解決方法を記述しておきます

f:id:find-search:20151128085940j:plain

アドセンスのクリック収益が突然下がる原因あれこれ

① 季節変動を受けている

② 広告を貼りすぎた

③ ネタがかぶって内容にオリジナリティがない

 

この3つですね。季節によってアドセンスが上限するのは仕方ないです。広告を出す側としては今の時期に最も売れるキーワードで広告を出しますので。

 

12月末までは「クリスマスプレゼント」「おせち料理」が高いですけれど、1月1日なったらそんなキーワードにお金を払う広告主はいませんよね?

 

プレゼント関係なら次は「バレンタインプレゼント」の方にお金をかけたくなるというものです。

 

また、土日だけ収益が上がるとか月曜日はなぜか儲かっているという人も、それは季節変動の一部なんですよ!

 

自分の選んだキーワードによってクリック単価が変わるのは仕方がないです。

 

次によくあるパターンは広告の貼りすぎ!

 

一画面に3つまで!!

 

というルールをいつの間にか破っている人が多いです。

 

また、あまりクリックされない記事上の広告をはがしてください。

 

PCの記事下にスクウェア大「336×280」スマホの記事下に「レスポンシブデザイン」これを1つずつ貼って様子を見てください。

 

これでも1円とか10円以下になってしまう場合は内容が薄い場合もあります。

 

PVは変わらないががクリック単価が1円の場合の対処法

 

① 季節のトレンドネタを入れる

② 楽天モーションウェジットに貼り替える

 

まずは新しいカテゴリに同じジャンルで季節のトレンドネタを入れて下さい。Yahoo!の季節広告がありますよね?

 

promotionalads.yahoo.co.jp

 

・・・今の時期はボーナス後だからそれを狙って広告主がキーワードを出しています。

こういう稼げるキーワードを知るためにはPPC広告が分かるパンドラ2のようなツールを持っておくと良いでしょう。

 

xn--cckcdp0a5ni4g4i2bwib.com

 

・・・いろんなキーワードの使い方をまとめてあります。

 

結構高いですけど、月単位、年単位のアドセンス収益のUPを考えれば元は十分とれます。

 

季節ネタを入れても売り上げが伸びない場合は、しばらくの間全部の広告を楽天モーションウェジットに貼り替えましょう。

 

f:id:find-search:20151128085314p:plain

・・これですね。広告がクリックされているのであれば1円なんてもったいないですよ?楽天でも十分に稼げます。

 

リピーターがいる場合結構広告の貼り替えは重要な要素なんですよ!!

 

グーグルの変動に負けないのがメルマガアフィリエイト

正直、アフィリエイトのほとんどがグーグル頼みです。グーグルの顔色一つで自分の収益が左右され、毎日おびえて暮らすのは心理負担がかかると思います。

 

PVが上がっって、さらにビックキーワードで上がったら「目視チェック」が入りますので、それで気に食わなければ全体ペナルティーです。

 

そういったリスクをかわすのがメルマガアフィリエイトですね!(^^)!

 

後は集客をツイッターやフェイスブック、ユーチューブから取る方法を早めに覚えることでしょう!!

 

ではでは、頑張ってください!!

 

PS モチベーションが下がって文字数減るとさらにマイナスになるのでその点も気を付けてください。