リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




正しいリライト記事の書き方とは?内容は自分で考えないとダメ??

ネットメディアの発達から、ブログライターという職業が一般化してきましたが、それに伴い、リライトという新しい業務が産まれてきています。作業の基本は、内容を変えずに表現を変える事です。

 

知らない方が見ると、「自分で内容を考えなくていいなら簡単ですね」と思われそうですが、そんなことはありません。言いたいことの核心を伝えながら、伝え方を変えるためには、様々なテクニックが必要になってきて、人によっては、ライターよりもリライトの方が難しいという方もたくさんいます。

 

やってみると難しい作業ですが、正しいやり方さえ掴んでおけば、怖がることはありません。基本的には、内容を理解していく事が一番。

 

まずは、元ネタの内容をじっくりと読み込み、その文章が言いたいことを頭に入れます。ここがしっかりと出来ていれば、半分近くの作業は終わったと言っても過言ではありません。

 

逆にいうと、上辺だけの作業にならないようにするためには、文章の要旨を把握することが一番大切な事なのです。

 

内容を把握したら、その内容を自分の言葉で書き換えていく作業に移ります。ここでは、ライター自身のボキャブラリーを試される場面です。日頃から、語彙を増やすべくたくさんの文字に触れておく必要があるでしょう。

 

この時、元ネタと同じ表現を使ってはいけない、といったことはありません。不自然にならないような文章にすることを第一に心がけ、必要であれば、元ネタと同じ表現を使っていきましょう。

 

ここまでくればほとんどの作業は終わったように見えます。最後に、書いた文章をもう一度読み返しましょう。あくまで他人の意見を書いたものであるため、あとから読み返すと文脈がずれてしまっていたり、表現がおかしくなってしまったりすることも出てきます。

 

細かい表現を修正していく作業を怠らないことが、丁寧なリライトをするコツになります。

 

リライトのやり方は人それぞれではありますが、大きな流れとしてはこのようなものになります。

 

自らの意見を言わずに他人の意見を書く、と言う作業は、思いのほかストレスになるかもしれませんが、そこがこの作業のやりがいでもあります。語彙力に自信のある方にとっては適任の仕事と言えるでしょう。