リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




記事リライトの順番とは?ライティングの流れを解説!

 

ブログライティングにはテクニックとは違い、センスが求められることがあります。ネタ選びはもちろん、文章の構成なども、センスの問われるところです。

 

対して、リライトライティングの作業はどうでしょうか。決まったネタに対して表現などを変えていくリライトの作業は、やり方を勉強して練習すれば、絶対に出来るようになる作業なのです。

 

とは言え、簡単にできる作業ではありません。しっかりとやり方を把握していないと、ただ文末表現をかえただけ、といったお粗末なものになってしまったり、酷いときには権利関係で裁判沙汰にまでもつれこんでしまったりするのがこの作業の怖いところでもあります。

 

手順をしっかりと理解することが必要になりますので、ここで一般的に、初心者がリライト作業をする際の作業の順番を確認してみましょう。

 

まずは、元の文章をよく読みます。当たり前と感じる方が多いと思いますが、多数の案件を抱えてしまうと、意外と疎かになる手順でもあります。内容を把握するためにも、まずは何度も文章を読みましょう。

記事の中で起承転結を考えよう!

その上で、次にすることは、起承転結を考えることです。

 

要は、大きな話の流れを決めていきます。大まかな流れは元の文章と同じになる事が望ましいと言えますが、可能であれば、起・承・転の部分は元の文章と少し変化を持たせていると良いでしょう(結は変えちゃだめですよ!)。

 

大まかな流れが決まったら、元の文章を改めて見返しましょう。ここからがリライト作業の醍醐味です。元の文章に使われている表現や文章の語順を変えたり修飾語をつけたりすることで、文章の全体的な意味合いを極力変えないようにしながら、自分で考えた起承転結に言葉を当てていきます。

 

流れをしっかりと考えていれば、ここの作業はそれほど面倒なものにはなりません。

 

具体的な言い換えの手法は様々あり、単に文末表現を変えるだけで済む場合から、語順の入れ替え、単語の置き換えなどケースバイケースで最良の方法を探していく事になります。

 

このあたりは、ご自分で作業をしていく中で掴んでいけるでしょう。まずは「元の文を読む→自分の文の構成を組み立てる→元の文の結論につなげるべく、文を作っていく」という順番を理解し、練習を重ねてみてください。