リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




知識のないネタをリライトする際の二つの注意点

リライトを行ううえで最も注意しなければならないのは、元ネタに自分の知らないジャンルの文章が提示された時です。

 

自分の興味のあるジャンルの場合は、単語を置き換えるにしても様々な候補が頭に浮かんでくるものですが、興味のないジャンルとなるとそうはいきません。このような作業の際には、注意点があるのです。

 

まず始めの注意点は、いきなり書き出さない、と言うことです。リライトに慣れてくると、文章を読むのと同時に作業を進めていく、といった手法を取ることが出来るようになります。

 

しかしこの方法を使えるのは、始めからある程度内容を理解できるようなジャンル(=興味のあるジャンル)の時だけです。パッと見た時に全く知らない言葉が並んでいる文章の場合は、この方法を使って書くことは危険です。

 

次に、文章を読む前の下調べをする、という事です。知らないジャンルである時は特に、文意を理解するための下調べが必要になります。難しく考える必要はありません。ネットでキーワード検索を行って、概要を掴めば問題ありません。

 

この二つの注意点を意識したうえで作業に臨めば、基本的には興味のないジャンルでもある程度の質を保った作業が出来るでしょう。

 

最後に2点目の注意点に挙げた下調べの部分ですが、より効率的な方法もあります。検索する際のキーワードの選び方についてですが、適当に文中の単語を検索にかければいいというものではありません。

 

文中にある知らない語句を検索する場合の注意点

文章には明確に検索にかけるべき単語が多く出てくる部分があるのです。これは文章の始めと終わりの方で来る単語です。筆者が文章を書く上で、最も重要な単語を配置する場所が始めと終わりなのです。

 

文の中盤に出てくる単語はあくまで具体例として提示されている単語であることが多いので、キーワードとしては、始めと終わり、特に終わりの方に出てくる単語を選ぶと良いでしょう。

 

 

このような点を意識することで、初見では意味の分からない文章に対しても、文の書き換えを行っていく事は十分に可能になります。

 

興味のないジャンルの文章は読むだけでも骨の折れる作業です。的確な言葉を最低時間で調べていく事で、良質で効率の良いリライト作業を行うことが出来るでしょう