リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




フリーライターとして生きる上で最低限のスキルとは?

リライト作業に必要な技術は思いのほかたくさんあります。まず初めに語彙力、そして文章力です。ではこの二つだけがあればいいのか、という事になるとどうでしょう。ここに忘れられがちな能力があるのです。それがタイピング力です。

 

リライトという作業の特性上、短時間でいかにたくさんの文字を入力できるかという事はとても大きな問題です。

 

大手のSOHOサイトなどを見ても、リライトライターの募集の欄には条件として「タイピング力が○文字/分以上ある方」などと言った条件がある程です。一般的には100文字/分が一つの目安とされており、まずはここを目指すと良いでしょう。

 

ではこのスピードに追い付いていない方はどうしたらいいのか。残念ながら、現在の入力技術では、ライターとしての仕事はとても効率の悪いものになるかもしれません。しかし諦めないでください。ライターをしながら技術を身に着ける方もたくさんいるのです。

 

 

ライターに必要なタイピングはいくつかありますが、よく言われることとして、「バックスペース・長音記号をブラインドタッチで打てるかどうか」という事は一つの目安となるでしょう。

 

アルファベット部分のブラインドタッチは練習すればそれなりに速くなるものですが、少し離れたところにあるバックスペースと長音記号は、意識的に練習しないと手元を見ないでタッチすることは難しいものです。それでいて比較的よく使うキーであるので、このような事が言われるのです。

 

最低限のショートカットボタンも覚えた方が良いです

また、ネット検索を使いながら執筆を進めていく場合、ウィンドウの切り替えを行うショートカットも覚えておきたいところです。

 

いくつかのウィンドウを並べて作業する場合、いちいちマウスで切り替えることは大きな時間のロスとなります。このような機能を理解した上で、自分のスタイルに必要なテクニックは何かを的確に把握し、習得していく事が必要になるでしょう。

 

こういった技術はあくまで作業をするための材料であり、必須項目ではありません。しかし、ある程度の実力になった時に他のライターに差を付けられるポイントであることも間違いありません。

 

ライターを目指すのであれば、より効率的な入力を行えるよう、テクニックを身に着けていってください。