リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




リライトの順序と事前準備、執筆する前に構成を練ろう!

リライト作業をする際、どのような順序で行っていけばよいのでしょう。あまり好ましくないやり方としては、ざっと文章を読んで、そのまま執筆作業に移るようなやり方です。

 

もちろん、慣れている方はこのような方法で素晴らしい記事を書き上げる方もいますが、多くの場合は、実際の執筆に移る前の準備が必要です。

 

作業前に必要な事として、大きなことは文章の構成を決めておくことです。もちろん状況によっては、起承転結は元の文章のまま、部分部分の単語だけを変えていくような作業になる場合もありますが、多くの場合は、構成を考えることは、その後の作業効率を上げるために必要不可欠です。

 

リライトの文章校正の考え方とは

では、どのように文章の構成を考えていけばよいのでしょうか。リライトの場合、結論部を変えるという事は基本的にありません。

 

なので、純粋なライティング作業に比べて構成は考えやすいと思います。よりオリジナリティを追求した文章を作り上げるためには、結論部以外を、なるべく元の文章とは違う内容で書いていく事が必要になります。

 

ここから先の作業は少し上級者向けのテクニックになるかもしれませんが、優れたライターは、事前準備で構成を考え終わった時点で、あとは、ほとんどタイピングの手を休ませることなく一つの文章を書き上げます。

 

そのためには、文章の構成力をつけることを心掛けましょう。具体的には、日ごろからたくさんの文章に触れていく事が必要です。

 

当たり前のことのように感じられるかもしれませんが、文章の内容を考える作家に比べて、実際に世の眼に触れる文章を書く作家は、よりストイックに文字と向かい合っていかなければなりません。

 

そのためにも、他の人間の書いた文章をたくさん読み、良いところを真似て、悪いところは反面教師として学んでいく事が必要なのです。

 

結局のところ、リライトの事前準備としては、日ごろから文章をたくさん読み、いざ、自分の作業になったら、そこでの知識を活かして、まず構成をしっかりと練り上げる事です。

 

逆にいえば、ここまでの準備がしっかりと行えていれば、500文字程度の執筆であれば5分ほどで終わるでしょう。高品質の文章を執筆するためにも、日常から作家としての技術向上を意識しましょう。