リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




リライトの危険性とペナルティーリスク。簡単な判断基準とは?

リライト作業には常に危険が潜んでいます。それは、言うまでもなく盗作という事です。このリスクはすべてのライターが背負っていることを忘れてはいけません。

 

Googleは、ユーザーに利益が無い、と判断したページについては、検索順位を下げていく、という処理を行います。

 

優良なリライト記事であればいいのですが、ただ単に語順を入れ替えただけであったり、語尾を変えただけであったりという記事に関しては、「記事数を稼ぎたかっただけの意味のない記事」と見なされて、順位を落としてしまう結果となるのです。

 

さらに怖いのがGoogleによるペナルティーの存在です。これは前述のようなユーザーに利益が無いだけでなく、悪質で、不利益を被らせるような記事に対して行われる措置で、検索から外れてしまい、サイトのアクセス数はゼロ同然の悲惨な数値となってしまいます。

 

分かりやすいところではアダルトサイトなどがこれに当たりますが、いわゆる盗作記事も「オリジナルのライターに不利益を与える」という事で同じようなペナルティーを受けることになります。

 

まずは、こういったリスクがある事を十分に理解した上で、ペナルティーを受けないためにはどうしたら良いのかを考えてみてください。

 

ペナルティーを受けるかどうかの簡単な判断基準

一番分かりやすい考え方は、自分がユーザーとなった時に、自分の書いた記事を読みたいと思うかどうか、という基準です。元ネタとなる記事が既に公開されている場合は、「元の記事ではなくて自分の記事を読みたいと思えるかどうか」という事を自問してみてください。

 

他人の評価を聞くのには時間がかかってしまいますが、自己評価なら5分で終わるものです。しかし、その5分を怠ってしまうかどうかで、記事の受ける評価は大きく変わるのです。

 

人の記事を書き換えることは、とても難しいものです。元の記事の要旨を変えずに、且つ、前の記事のクオリティーを越えて、Googleに認めてもらえるような記事を書くことが、ライターには求められているのです。

 

難しく考えずに、自分の読みたい記事を書くことを心がけましょう。逆にいうと、「自分の読みたくない記事は書かない」という事です。当然のことと言えば当然のことですね。このことを念頭において、記事の執筆を行ってみてください。