リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




ペナルティーを受けやすいリライト記事の特徴は何?

リライト記事がペナルティーを受けるかどうかについては明確なルールがあるわけではないので、一概に「こうしてはいけない」という事は出来ません。しかし、経験則からもペナルティーを受けやすい記事内容には特徴がある事は間違いありません。では、どのような記事がペナルティーを受けてしまうのでしょうか。

 

昔のテクニックはもう使えない!重要な二つの要素

まず初めに挙げられるのが、ツールを使ったリライトです。一昔前までは確かにネット上のツールを使った作業で記事を仕上げることが可能でした。

 

しかし、結局のところはツールを使った執筆は、コンピューターに文章を書かせることでしかなく、完成した文章はどう見ても質の高い文章にはなりません。自分の手で丁寧な作業をするようにしましょう。

 

 

次に挙げられるのが、安易な言い換えのみの記事です。具体的には語尾の書き換えや、文章の順序を入れ替えただけの文章です。こちらに関しては、Google以前に誰が見ても明らかです。

 

恐らく、依頼主から注意を受けて終わりではないでしょうか。もちろん言葉の入れ替えは、リライトにおける重要な技術の一つであり、使いどころを見極めれば、非常に有効な使い方も出来ます。しかし、安易に連発することは避けるべきでしょう。

 

まずはこの二つを意識して執筆をしてみましょう。リライトと言うのは、誰でも出来る簡単な仕事ではありません。「日本語」と言う世界中でも難しい方に分類される言語を使った、立派な作家の仕事です。

 

案件によっては1から文章を作る作家よりも難しいこともあるのです。当然、誰もが使えるマニュアルは存在しません。しっかりと訓練を重ねて、自分の作業方法を確立していく事が必要です。

 

大切なのは記事の読みやすさですよ!

Googleのペナルティーの基準は、アルゴリズムの変化に伴って日に日に変わっています。もちろんこの変化はライターをいじめるためにしているわけではなく、すべての人が、より快適に検索エンジンを使用するためのものです。

 

読み手が読みやすいような執筆を心掛けている限りは、記事がペナルティーを受けることは無いでしょう。

 

まずは書き上げた記事を読み直して、他の人が読みたくなるような記事内容かどうかを確かめてみてください。ただ文字数制限をクリアしただけの内容のない文章を書くことは、作家として恥ずべきことなのです。