リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




差別化を図るためのトレンド記事の書き方のコツとは?

トレンド記事を書くときには他の記事とは違った注意点が出てきます。ポイントは、同じテーマに関する記事が星の数ほど存在している、という事です。要は、他の記事との差別化を図らないといけないわけです。

 

ここで出てくる問題が、タイトルのつけ方です。ご存知の通り、トレンドとなっているキーワードでユーザーが検索をかけると、同じような記事がズラッと表示されます。

 

その中から自分で書いた記事を選んでもらうためには、まずはタイトルに魅力がないといけないわけです。具体的なのつけ方ですが、いくつか方法があります。

 

まずは、キーワードを増やすことです。一つのトレンドに対してキーワードが一つだけ、という事はまずないでしょう。

 

例えば芸能人の結婚報道であれば、芸能人の名前、相手の名前、発覚理由など、検索ワードになりやすい言葉を一つでも多く組み込んでいきましょう。

 

ただし、この時、単語をスペースで区切って羅列するようなつけ方は避けたいものです。理由は単純です。検索結果に単語のみのサイトが出てきてもあまりクリックしたくはないですよね。

 

次に、キーワードを多く入れればいい、と言うものでもない、という事です。Google検索では、検索結果の画面に表示される文字数は全角31文字。

 

32文字目からは三点リーダーになってしまい表示されません。このことを覚えているかどうかだけでも、大きく変わってきます。タイトルを付ける時は31文字以下で付けるようにしましょう。

 

読むのは人間!不自然にキーワードを詰め込まないようにしましょう!

最後におまけです。おまけと言ってもとても大切な事。それは、自然な日本語にすることです。一つ目の単語の羅列を避ける、という事に似ていますが、これはGoogleクローラー対策としてです。

 

クローラーは不自然な日本語に対して「あやしいサイト」という評価を下すことが多いようです。

 

使用したいキーワードがたくさんある、でも31文字以下に抑えなければいけない、と言うときに無理に言葉をおしこめることはせずに、あくまで自然な日本語となる事を第一に考えて、他の条件には多少の猶予を持たせて考えることが大切です。

 

これらの事を踏まえて、トレンド記事を書く際には、適切なタイトルを付けるようにしましょう。記事の内容に悩むよりも、タイトルに悩む時間の方が長くてもいいくらいのつもりで臨んでください。