リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




リライトでコピペ判定されないような文章に直す方法

リライトとコピペは紙一重です。書いている側からしたらたまったものではない話ですが、これは事実で、一般的な見方はもちろん、Googleによる判断も同じようなものです。

 

リライト作業を行う際は、せっかく書いた記事がコピペ判定されないよう、注意を払っていく必要があります。

 

これについては様々な注意すべきポイントがありますが、今回は特に中級以上のライターが陥りがちな、意外な落とし穴をご紹介します。

 

意外な落とし穴、それは「元の文章を読み過ぎてしまう」ことです。恐らくリライトを始めるにあたって、「穴のあくほど元の記事を読み込みなさい」と言う指示を受けた方は多いと思うので、戸惑われるかもしれません。

 

もちろんその考えは間違っていません。しかし、リライトに慣れたライターがコピペと言われる記事を書いてしまう原因は、この記事の読み過ぎにあるのです。果たして記事を読み過ぎることで起きてくる害とはどのようなものなのでしょうか。

 

元の記事を読み込むことは、文章の要旨を捉えるうえでは絶対に必要な事です。初心者にはまずこの作業が重要なのは言うまでもありませんが、ある程度の経験を積んだライターが行う場合は注意が必要です。

 

読み込む作業は、要旨の把握と共に、文体を詳細に記憶してしまう、というリライトにおいては弊害以外の何物でもないものを生み出すのです。

 

あまりにももとの文章に気を取られるとオリジナル性が消える!

一度文体を記憶してしまうと、いざ作業に取り掛かる際、元の文章の表現が頭に残ってしまい、どうしてもコピペととらえられても仕方ない文章を作り上げてしまうことが多いのです。

 

出来る限り防いでいきたいところですが、厄介なことに、文の内容を読み込むことと細かい表現を記憶することは、同じ「読み込む」と言う作業で出来てしまい、調整がとても難しいところなのです。

 

この現象を防ぐためには、元の文章を読む回数は最低限度にとどめておく必要があります。この回数は、一概に何回と明言することは出来ません。ライターの経験年数など様々な要素から一人一人に違いがあります。

 

少なすぎれば文の意図をしっかりと把握することが出来ませんし、多すぎればコピペ判定を受けてしまうような文章を書いてしまいます。

 

文の要旨を捉え、且つ、文体を記憶しない程度の回数を自分なりに把握し、実行すると良いでしょう。