リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




グーグルのリライトに関する判断基準とは?実質のないコンテンツとは?


リライトをする際に常に考えなければならないのが、Googleの検索順位の問題です。書き換えによる記事の執筆は、一歩間違えればコピペ記事と判断されてペナルティーをもらってしまう行為であるのです。

 

しかし、Googleの考え方をしっかりと把握しておけば、リライトによって記事を執筆することで、完全なオリジナル記事よりもより質の高い記事を作成することも可能です。

 

残念ながら、Googleがオリジナル記事とリライト記事をどのように見分けているか、という事はよく分かっていません。見分け方こそ分かっていないものの、Googleの基本姿勢はユーザーファーストというもの。

 

ユーザー目線で有益な情報を載せていれば絶対に損はしないアルゴリズムが形成されています。その中でコピペ記事とされてペナルティーを受けてしまう可能性のある記事としては、「実質のないコンテンツ」と言うものが挙げられます。

 

これは、サイトとして存在はしているが、内容は他のサイトから持ってきただけ、というようなサイトに与えられる不名誉な称号なのですが、不思議な事に、オリジナル記事を書いているサイトでこのペナルティーを受けることもあるのです。

 

 

実質のないコンテンツと言われてしまう原因の一つには、他人の作ったコンテンツを利用している場合が挙げられます。動画共有サイトから動画の埋め込みリンクを使用したり、画像などを載せている場合にも注意が必要です。

 

また、アフィリエイトリンクを使用することも危険な場合があります。ブログ運営を行う場合は、ある程度のアフィリエイトを行うことは当然ですが、やりすぎには気を付けなければなりません。

 

アフィリエイトリンクが余りにも多い場合、その文章は誘導するためだけの意味のない文章とみられてしまう危険も多々あります。

 

リライト記事の場合、このような危険は増します。十分に注意を払いましょう。同時に、Googleの見分け方は、年々変化しているので、常に最新の情報をキャッチしていける姿勢を持ちましょう。

 

逆にいえば、このような事に注意を払って執筆を行っていればGoogleからコピペ記事と判断されることは少なくなるでしょう。

 

始めにも述べましたが、Googleの貫くユーザーファーストの姿勢をライター自身も持っていたいものです。それでも万が一ペナルティーを受けた場合は、迅速に対象と思われる記事の訂正をしてください。