リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




リライト記事に個性を出す二つの方法とは?

今回は個性のある記事の書き方について考えてみます。リライトを行う以上、個性を出すのにも限界があると思いますか?決してそんなことはありません。

 

テレビの討論番組などを見ても分かる通り、一つの意見を言う上でも様々な手法があります。話の骨は元ネタの文章の物を使うにしても、そこに至る過程は十分に個性を発揮できる部分なのです。

 

実際に個性を出していこうと考えると二つの手法があります。まず一つ目は、自分の体験談を多く盛り込んでいく事です。これは非常にわかりやすいと思います。

 

自分だけの体験談で個性を出そう!

他の人は体験していない自分だけの体験談を入れることで、他の人には絶対に書くことの出来ない自分だけの文章を作り上げることが出来ますね。ただし、この時にも注意が必要です。それはリライトで書き換えてはいけない部分である結論部に触らない事。

 

体験談を用いる箇所は中間部の具体例程度に止めましょう。逆にいえば、自分の体験談と言うものは、その程度にしか入れなくても強烈に個性をアピールできるものなのです。

 

狭い意見が逆に個性を際立たせがマニアに好まれる場合もある!

もう一つの手法は、読み手のターゲットを絞っていくというもの。一般的にネットに公開する文章を書こうとしたときには、たくさんの人に共感してもらえる文章を書こうとするでしょう。しかし、そこをあえて外して考えていくのがこの方法です。

 

どの世界にもマニアと呼ばれる人たちは存在します。そしてマニアたちは、自分達の狭い意見に他の人が同意してくれた時に、通常以上の共感を示してくれるのです。

 

これは、十分に個性のある記事と言えます。ただしこちらにも注意が必要です。マニアは中途半端な知識で自分たちの領域に踏み入ってくる人を極端に嫌います。

 

ターゲットを絞った記事を書く場合は、十分な下調べをしたうえで書くようにしましょう。

 

以上のような書き方で記事を書くことで、リライトでも個性的な記事を書くことが可能になります。オリジナリティーの強い記事を書くことは、読み手に好印象を与えるだけでなく、検索順位も良い方向に動くことは広く知られています。

 

アクセスアップにもつながることです。単純なリライトではなく、自分だけのリライトを出来るようになると、ライターとしても一皮むけていきますよ。