リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!

f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




リライト記事を使ってアドセンスで稼ぐテクニックとは?

アドセンスを利用している方にとって、リライトは大きな武器になります。記事の量産が何より必要になってくる分野だけに、既存のネタを一部書き換えて記事に出来ることは魅力です。

 

しかし、この手法は一歩間違えると、逆に文章がコピペと判断されてしまい、ペナルティーを受ける危険性も孕んでいることを、日ごろから認識しましょう。アドセンスを利用するにあたっては、文章の書き方にも工夫が必要なのです。

 

まず必要なのは、ネタ探し。これは、Twitterなどを利用すると簡単に行えると思います。トレンド記事を書く際に、必須の方法で、現在のトレンド情報を的確に収集しましょう。その上で、元ネタとなる文章を選んできます。

 

ここからが、リライトライターとしての腕の見せ所。もちろん単純な文末のみ変えるようなリライトをしてはいけません。基本的にはコピペを行いながらも、要所要所で単語の書き換えを行ったり、文の入れ替えを行ったりしていきましょう。

 

そして、最後の仕上げとして、自分の言葉で感想や意見を書き入れてください。実はこの部分が一番大切です。トレンド記事の場合、事実関係は動かしようがありません。多少の表現の差はあってもリライトしようがオリジナルで書こうが、結局は似通ったものになるのです。

 

ならば、事実の部分はリライトで済ませ、最後の意見の部分だけを自分の言葉で書いていくのが、賢い書き方です。

 

この感想に関しては、可能な限り、他のサイトを見ずに書いていく事が好ましいです。一つでも見てしまうと、その内容に左右されてしまう事もよくあるのです。

 

自分の意見を自分の言葉で書く、という事はとても大切な作業ですが、どうせリライトで済ませるならもう少し楽をしたい、と考える方もいるでしょう。そのような方にオススメな方法は、記憶を曖昧にさせたまま書く、と言うものがあります。

 

元ネタの文章を見るのは一度限り。一度見たら潔く文章を消して、あとは、曖昧な記憶を頼りに文章を書くのです。この方法はかなり有効で、ある程度の内容を把握したうえで、足りない部分は、自分の言葉で補っていくしかなくなります。

 

本来リライトは楽なものではなく、下手したらオリジナルを書くよりも大変なもの。しかし、記事の量産に当たっては、少しでも時間を短く文章を書いていきたいですね。賢く、記事の更新をしましょう。