リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




アドセンス広告が空白になってしまったり表示されない理由とは?

アドセンスとは、それぞれのウェブページに柔軟に対応し、新たな収入源をもたらすサービスです。これは、参加費用や追加費用は一切かかりません。

 

ウェブサイトやブログにアドセンスの広告コードを貼ると、広告が表示されて、その広告がクリックされると報酬がもらえるという仕組みになっています。

 

つまり、ある特定の商品に特化したサイトを作ることで、その商品に興味のある人達がアクセスをし、さらにアドセンスを利用する事でこれまでアプローチできなかった潜在的な見込み客に効率よくアプローチ出来ます。

 

そんなアドセンス広告を利用できない事もあります。それには、幾つかの原因が考えられます。

 

アドセンス広告が空白になってしまうパターンとは?

広告の取得コードは、そのまま入力されているでしょうか。変更しないで、そのままコピー&ペーストをする事をおすすめします。ホームページ作成ソフトの機能によっては、自動的にコードを改変してしまう事もあるので、注意が必要です。

 

また、正しいアクセスコードを貼りつけても、すぐに広告は表示されません。コードを追加しても30分位たたないと空白のスペースしか表示されないでしょう。

 

また、48時間以内のときは、サイトと全く関係のない公共広告が表示されることもあります。焦らないで、待ってみましょう。

 

次に考えられるのは普段、気にせずに使っている、ファイアーウォールやアバスト、マイクロソフトセキュリティーなどのソフトによってブロックされているケースです。一度これらのウィルスソフトを解除して表示されるか確認してみましょう。

 

ブログの記事キーワードにも気を配って適切な表示を促そう!

また、アドセンス禁止となっている、コンテンツ・キーワードがあります。サイト内にその様な内容が含まれると広告が表示されず、悪質な場合にはアカウントが停止されてしまいます。具体的な禁止キーワードとしては幾つかあります。

 

まずは、アダルト系のコンテンツです。基本的に親が子供に見せたくないようなものはNGと思っていただければいいでしょう。また、暴力を助長させるような映像や表現も同様にアウトです。

 

YouTubeやテレビの画像といった著作権を侵害するようなサイトもだめです。ただ例外として、公式アカウントが公開しているものであれば、大丈夫です。他の原因も考えられるかもしれませんが、はじめにこれらの事を確認してみましょう。