リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




トレンドアフィリエイトにありがちなアドセンスの禁止ワードとは?

アドセンスを使って報酬を得たいと考えている人は、近年多くなってきています。最初の審査を突破する事が大事ですが、それを乗り越えた後も、実は幾つか細かい決まり事がたくさんあります。

 

その中の一つに、使ってはいけない言葉、いわゆる禁止ワードがあります。言論の自由は、日本国憲法で保障はされていますが、利用規約やルールに反する場合には、アドセンス広告は停止されてしまいます。

 

これは今はやりの芸能系のトレンドアフィリエイト記事に多く見られるので是非とも注意したいところです。

 

アドセンス規約を順守していくうえでよく言われることは、子供と一緒に見て問題のないコンテンツの作成です。それも小学生以下の小さな子供です。

 

ペナルティーを食らいやすい禁止ワードの種類

その観点から考えると、性的な表現は最も注意をしなければなりません。次に、一般人の個人情報に関する表現です。重大事件などを扱う時など、関連した人物の情報は当然欲しくなりますが、それが一般人の場合には注意を払う事が大事になってきます。

 

また、個人を特定できてしまう名前はもちろんの事、その人が住んでいる住所や家族構成なども禁止の対象になります。

 

禁止ワードとして3つ目に挙げられるのは、暴力的な表現です。このジャンルは日常的な言葉との境目が分かりにくい部分があり、日常普通に使っていても規約に引っかかってしまう事例も多々あるので注意が必要です。

 

また、禁止となる単語を使っていなくても、その単語を連想させるような表現を使った場合にもアドセンス違反となる可能性をもっているので十分に注意しましょう。

 

明確な線引きはないのですが予測キーワードをチェックすれば安全

以上のような禁止事項を書きましたが、アドセンスの場合、ここまでが問題なく、ここからが禁止ワード、といった明確な線引きがされていません。心配な場合には使わない方が賢明ですが、必要であればGoogleの予測キーワード機能を使うのもお勧めします。この機能で表示されない言葉は、使わない方が安全だと言われていいます。

 

アドセンス違反となって無効化してしまった場合には、別に新しくアカウントを取ってからもう一度申請を出す必要があります。

 

その時には一度目よりも厳しい申請を通過する必要もあり、それまでに得ていた受け取る予定の報酬も、ゼロに戻ってしまいます。

 

その為、記事を載せる前には必ずもう一度、特にアドセンス違反を意識したチェックを欠かさず行い、細心の注意を払ってコンテンツを更新していきましょう。