リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




アドセンスはなぜクリックごとに単価が違うのか?その理由とは

よく知っておいたほうがいい事として、アドセンスは同じ広告毎でもクリック単価が変わるという事です。

 

読者・ユーザー数の多く、アクセスの多いページやサイトにある広告の料金は高いということです。実際の世界でも大通りにあり目立つ場所の広告は掲載料が高い、と同じ原理です。

 

広告主からしてもクリック率もあげたい事もありますし、より多くの人の目につくところに掲載しておきたいのです。

 

この事を、スマートプライシングと呼ぶのですが、同じ広告でも表示されるサイトまたはアカウントによって金額が変わる・報酬が変わるという事です。

 

通常、アドセンス収入といえば、「クリック単価×クリック数」と思われがち、クリックしてもらう事だけを考えたブログやサイトを作成してしまうと成功しそうですが、ここに×スマートプライシングという、サイトや製作者・運営者の質を考慮した価値が掛け算されるのです。

 

悪質な、例えば、「クリックするつもりも購入するつもりも無い」クリックというしかけなどが無く、良質と言われて広告主にとって利益のある優良サイトを作る事を目指す必要もあります。

 

具体的には、特に購入率・成約率が重要高い事が望まれます。ユーザーはコンテンツに興味を持って、そのページにアクセスしてきます。コンテンツに合わせた広告を提供する事で、成約率が高まってくるのです。

 

ブログに一貫性のないトレンド記事の単価が低い理由

この成約率を高くするには、表示される広告のカテゴリーを絞り込むやり方があります。例えば車の話を乗せているサイトで、何の脈絡も無く化粧品の広告があっても成約率は望めないでしょう。

 

これがトレンドでアクセスだけを狙った記事のクリック単価が低い最大の理由だと思います。

 

また、成約率はクリック数に対するサービースの購入割合なので、広告を間違ってクリックされた場合、この成約率は下がってしまいます。

 

広告の配置によってはクリック単価が違う事もありますよ!

誤クリックを招くような位置、例えばメニューバーと重なるような場所や、サイドバーでアドセンスを追尾できるような広告を配置しないように制作時のデザインにも気を使ったほうがいいでしょう。

 

最後のポイントは、サイトにあるコンテンツに統一感があるかどうかです。

 

ブログやサイトの内容に一貫性やページ同士の関連性がないと、訪れてくれるユーザーの層や属性がバラバラになってしまい、結局ユーザーの関心を引くような広告を表示されにくくなってしまいます。

 

発信するコンテンツの内容を統一する事で、アクセス数はそんなに多くとれない場合であっても、商品に興味を持つ可能性のある層がサイトにおとずれて、クリックに至るような場所に広告が表示されるようになるので、結果として成約率も上がってくるでしょう。