リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




読まれるブログを書く際の4つの構成とは?

ブロガー初心者が陥りやすい失敗の1つが、ひたすらダラダラと長い文章を書いてしまうこと。

 

これは「文章を書くのが得意!」と自負している人でも起こり得ることで、つまり文章力はあっても構成力がないためクオリティの高い内容であっても読者にとっては読みづらく、その内容の価値に気づく前に読むのをやめてしまうのです。

 

そこで読みやすいブログの書き方の4つのポイントについてご紹介したいと思います。

 

1.最初に内容が想像できる画像を置く


これは誰しも認めることですが、文字ばかりのサイトと画像のあるサイトとでは読みやすさが違います。

 

百聞は一見にしかずという言葉通り、ビジュアルからの情報は把握しやすく印象に残り、覚えやすいからです。これから書く記事の内容を表現した画像を冒頭に置けば、読者は内容について想像しやすくなり読んでみたいと思うようになります。

 

2.導入部分をブログの先頭に置く

膨大な情報サイトがある中、読者は限られた時間内で必要としている情報を効率的に得たいと思っています。

 

つまり読みきってから「時間を無駄にした」と後悔したくないわけです。そこで本題に入る前に、まずはタイトルと導入部分によって「これからこういう内容について書きますよ」と具体的に読者に説明しましょう。

 

読者はこの部分を見て「これは役に立ちそうだ」「自分の求める情報が載せられていそうだ」と判断でき、本腰を入れて読む態勢に入るのです。

 

3.本文部分も読みやすくまとめる

 

導入部分に続いて本分に入りますが、ここでも中見出しをつける事で本文の内容を予め把握できるようにしておきます

 

本分は中見出しについて説明したり内容を発展させたりするものとなります。本分が長くなるようであれば更に小見出しを置いて内容を分かりやすく分類しましょう。