リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




アドセンス用ブログで最適な文字数と記事数とは?

アドセンスアフィリエイトなど広告を使ったブログでお金を稼ぎたい人にとってはSEO対策に適した文字量、たくさんの読者を獲得できる文字量とはどれくらいなのかも知っておきたいところでしょう。

 

あまりに文字数にとらわれすぎると良質な記事を書くことができなくなってしまいますが、SEO対策や人にとって読みやすい量というものには確かにある程度の目安があります。

 

最適な文字数は800字と言われています

まずSEO対策という観点から見ると、1記事1ページあたり800文字程度が最適と言われています。検索エンジンはできるだけ高品質なサイトを評価しようとしますが、検索エンジンが人間のように1つ1つの文章を読んでその良し悪しを採点できるわけではありませんよね。

 

では検索エンジンは何をもって記事の品質を判断するのかというと、リンク数や他の人からの閲覧数、そして文字数ということになるわけです。

 

これは単純に文字の数が少ないとそれだけ情報量が少なく、逆に多ければそれだけ内容の濃い情報を提供できると考えられるからです。

 

また200文字程度だと他のワードとキーワードの出現頻度がほとんど同じで目立たないのに対し、800文字以上になると自然とキーワードが浮き彫りになりその組合せも増えるため、これもSEO対策に繋がると考えられるのです。

 

アドセンスの場合はキーワードが入っていないと、最適な広告が表示されませんよね(^_^;)

 

人が一回に読みやすいと感じる文字数は2000字で3分以内

一方、実際に人が目にして最後まで読む気になれる1記事あたりの最適な文字数というのには多少の幅があります。

 

ある記事によるとブログを含むweb上で読む記事の適切な文字量とは最大2000文字、3分で読める分量とのこと(読むスピードには個人差がありますが)。それ以上になると読むのに時間がかかる上ページも増えて読者の負担を大きくしてしまいます。

 

また「QUARTZ」という海外webメディアが提唱している「Quartzカーブ」によると、デジタルで好んで読まれるのは500文字以下か800文字以上とのこと。

 

もちろん英語によるデジタル記事なので日本語とは多少誤差がでますが、短い記事か長い記事のどちらかが好まれるということが分かりますね。

 

しかしブログ記事で文字量が500文字以下になることはまずありませんから、ここから考えても1記事で最適な文字量とは800字~2000字程度、ということになりそうです。