リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




何ページぐらい書けばSEOに強いブログが出来るのか?文章量の話・・・

できるだけ多くの読者を獲得し、その読者に何らかのアクションを起こしてもらう(=収入に繋がる)には、記事の内容のクオリティだけでなく量についても考えなければなりません。

 

単にSEO対策だけを考えると1ページあたりの文字量はある程度多いほうが有利で、200~300ページ以上になれば検索エンジンの評価も高くなると言われていますが、検索エンジンで挙がったサイトを実際に閲覧し評価するのは生身の人間ですから、結局は読者にとって適切と思える目安量を意識することの方が大切です。

 

ページ数と文字数のバランスに気をつけよう!

読者がブログ記事から1つの知識や情報を取り入れる場合、1ページあたり600~1500文字程度が最適な文章量の目安になるとされています。

 

ある事柄についてきちんと説明し完結させるには最低でも600文字は必要であり、なおかつ人の集中力が続くのは1500文字程度までと考えられるからです。

 

これは文字数を意識していなくても「この情報について読者にきちんと把握してもらおう」「このサービスの良さについて知ってもらおう」と意識して読者側の視点にたって文章を書いていけば、自然と600文字を超えることになります。

 

問題なのはそれを1500文字程度に抑えること。読者の集中力が続くのは約3分間、1500文字までが平均とされていますから、この範囲で論題を展開し、簡潔させるにはやはりテクニックが求められます。

 

そのような文章を100記事、200記事とどこまで増やせるか?これが最終的なSEOの強さになってくると思います。

 

限られた文字数内で扱っているテーマを展開させきちんと完結させるポイントの1つは、文字数を気にせず一度書いてみた文章を見直して、不必要と思える文字を削っていくことです。

 

同じ意味のことを繰り返していたり、なくても意味が通じるところは不必要なところです。また1文の長さを短くし、体言止めを使うとスッキリとした文章になります。

 


「今朝目が覚めてすぐに気が付いたのが、起床時の目覚めがなんだかいつもよりスッキリしていることです。いつもならダルさが抜けないのに、今日は体が軽くなったみたいで、なんでだろ~と考えてみて思い出したのが、昨晩飲んだサプリメントでした。」

 

              ↓


「今朝、起床時にすぐに気が付いたのが、なんだか目覚めがスッキリしていること。いつもならダルさが抜けないのに、なんでだろ~と考えてみて思い出したのが、昨晩飲んだサプリメントでした。」

 

 


後者の方がスッキリしていてテンポも良いですよね。読みやすい文章量に抑えるためにはこのような方法が有効です。