リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




個性のある口コミレビュー記事を書く方法とは?

モノが溢れている現代、まだ使ったことのない商品の中の1つを選んで実際に購入するには、購入を後押ししてくれる存在が必要になります。

 

ブログによる口コミレビュー記事はそのツールの1つで、そのため多くの人がレビュー記事を提供しています。

 

ASPの参考サイトの多くが商品紹介の口コミ記事であることからも、この書き方がが売れやすいというというのが良くわかるでしょう。

 

ただ。やっている人が多ければ、それだけライバルもいるということ。

 

ではそんなネット上で溢れかえっているレビューサイトの中で、読者が自分のサイトを選んで読み、購入してくれるようにするにはどんな書き方をすれば良いのでしょうか。

 

引用やリライトだけでは個性的な口コミブログはできない。

f:id:find-search:20150320081722j:plain

数ある記事の中から自分の記事を選んでもらうためには、自分にしかない個性的な記事を提供しなければなりません。

 

ところが「レビュー」として時折見受けられるのが、公式サイトに載せられている情報を引用してばかりいるサイトや、リライトしただけで内容は全く同じというサイトです。

 

これではレビュー記事の意味がありません。これはその商品のレビューを探している読者の立場になってみれば分かること。

 

公式サイトの情報だけではその商品の実際の良し悪しが判断できないために実際に使ってみた人のレビューを探しているわけですから、そのレビューの内容が公式サイトと同じであれば全く意味がないわけです。

 

 

従って公式サイトでは得ることの出来ないオリジナルの情報を載せたレビューが求められるわけですが、「個性的なレビュー」と言っても難しく考える必要はありません。

 

レビュー記事は使用後の結果と過程を書くのがポイント

f:id:find-search:20150320081912j:plain

要は、自分がその商品を使ってみた感想や使用後の結果について書けば、それは自分だけのオリジナルということになります。

 

ただ感想や結果について書くときに避けなければならないのが、根拠やその結論に至る過程が示されていない記事です。

 

例えばある化粧水についてのレビューを書く場合に、単に「お肌がツルツルになりました。お勧めです。」

 

と書くだけではどんな過程を経てツルツルになったのか、他にも化粧水はたくさん販売されているのに、なぜその商品を特にお勧めするのかについて何の説明もなされていないため、読者にとっては消化不良、信頼性の薄いレビューと捉えられてしまいます。

 

一方「コットンに取って特にニキビに集中的に付けるようにしていたら、3日で白ニキビが消滅、赤ニキビも薄くなってきました」「ひどい敏感肌の私でも全く問題なく使えたので、どの化粧品を使っても肌荒れがするという人にもお勧めです」

 

と書かれていれば、読者はその化粧水の効果を想像しやすくなり「それなら試してみようかな」という気になるかもしれません。

 

経過を繰り返し書くことで真実味が湧き購入に繋がります

また、一回だけのレビューよりも、その商品を繰り返し使って、どう変化して行ったのか?1日目、2日目、3日目と繰り返すことで、実際に使っている様子が分かり、ブログからの購入率も高まります。

 

読者としては買った後の心理がどうであったのか?経過はどうなるのか?その二つの要素が入るので安心して購入できるというわけです。