リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




文章でここまでの差!アフィリエイト記事の書き方で売り上げが大違い

商品記事によるアフィリエイトを始めたものの、全く商品が売れず「アフィリエイトなんて稼げない!」と嘆く人は少なくありませんが、一方で実際にアフィリエイトだけで月に何十万も稼いでいる人もいますね。

 

実はこの違いは文章力ではなくちょっとした書き方の違いによるものである場合が多いのです。では売れる商品記事の書き方のコツとは何なのでしょうか。

 

知らないものは書けないという当たりまえの事実

まず記事を書く前にアフィリエイトしたい商品について精通している必要があります。その商品について公式サイトに載せられている以上の説明ができ、かつその良さについて語ることのできる熱意がなければ、読者がその記事を読みアクションを起こすことは期待できません。

 

その為には実際に自分が使ってみて良かったものを紹介するのがベストですが、もしそうでないならその商品について徹底的に情報を集めなければなりません。

 

その際には複数のサイトを調べてそれらの意見を総合してまとめ、自分だけのオリジナル記事に変換しましょう。

 

文字量が少ないのに無理にセールス記事を書くと売れない

また基本的に人は物販記事に良い印象を持っていないということをふまえ、「ガツガツしない記事」に仕上げることも大切です。「これは絶対にお勧め」「ぜひ買ってみてください」といったいかにも「お金儲けのために書いている」という雰囲気を出してしまうとマイナスイメージに繋がります。

 

できるだけ自然な形で、最後まで物販記事だと気づかれないような書き方をしましょう。商品記事ではない普段のブログの雰囲気でサラリと商品を紹介できればベストです。

 

またその商品を紹介するのはそれがすごく良かったからで、読者にもその商品を使ってほしいからだという姿勢を見せることも大切です。

 

マイナス要素を消して行けば結局商品は売れまくるのです!

記事を書き終えたなら、一度読み直しをしますが、この時見つけたいのは誤字や文法上の間違いだけではなく、「買いたくならない表現」です。買いたくならない表現とは必ずしもその商品の悪いところを指摘している部分というわけではありません。

 

例えば美白化粧品をアフィリエイトする場合に「値段が高い」と指摘しても、それなりの効果が得られるのであれば購入したいと思う人は多いはずです。

 

しかし「値段が安い」「使い心地が良い」と書いていても肝心の美白効果について「まだ効果の程については分からない」と書かれていれば誰も購入する気にはならないでしょう。こういった部分がないかを見直してから投稿するようにしましょう。