リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




SEOを知ろう!トレンドブログにアクセスが来ない理由とは?

私も聞いてびっくりしましたが、100記事書いてもアクセスが全く来ないトレンドブログがあるそうです(T_T)

 

そりゃ心が折れますよね・・・。では200記事を超えると突然アクセスが集まり、その後急上昇するとかというとそうではない気がします。

 

実際にグーグルのSEOは社員に聞かないと分からないのかもしれませんが、ちょっとグーグル関係で働いている方と話したこともあるし、困っていそうなので書こうかな・・・。(消す前にメモしてね)

 

トレンドブログのアクセスが伸びない原因

f:id:find-search:20150504173611j:plain

 

なぜトレンドブログに検索エンジン経由でアクセスが集まらないのか?そのカギを握る一つの言葉が「共起性」です。

 

これはある特定の言葉(キーワード)には必ず含まれる必須語句の事です。

 

私が良くコンサルの時に説明しているのが「カルボナーラの作り方」という記事の書く場合のSEOですね。

 

例えばトレンド記事にすると「激ウマ!カルボナーラの作り方」のようなタイトルになってくると思うのですが、ここで大切なのは「カルボナーラ」を作る際、必要最低限の道具や材料です。

 

このパスタを作るために最低限必要な語句ですね。

 

① 生クリーム

② ベーコン

③ パスタ

④ オリーブオイル

⑤ 塩コショウ

 

こういう語句が入っていない記事は「カルボナーラの作り方」という記事にふさわしくないのです。①~⑤の語句を「カルボナーラの共起語」と呼び、最低限この情報が含まれていない記事は検索結果から外します。

 

トレンドブログも同じで、自分の書いた記事に最低限含まれるべき語句が入っていないと、その記事は価値のない記事とみなされてしまうのです。

 

そして価値のない記事ばかりを書いているドメインはどんどん評価が下げられていく

 

トレンド記事は共起語がめまぐるしく変わるので管理が大変

トレンド記事をメインとしたブログの何が難しいのか?それは「新情報がどんどん出て来るために共起語が変わってしまう」という点です。

 

カルボナーラなら、生クリームが「豆乳生クリーム」「ベーコン」が「ハム」になることはあっても、そんなに大筋は変わりません。

 

だから記事を更新、書き換えなくても情報として間違っていないわけで、そうなると記事更新をしなくても、その記事が生き残り続けます。

 

一方トレンドブログの場合は、新しい事実の発覚によって、情報がどんどん出てきてしまい、記事タイトルと記事に含まれるべき最低限度の必要語句が変わってしまうのです。

 

これは誤情報を防ぐためです。

 

ネットでは速報性が重要であり、ツイッターやフェイスブックなどを通じて瞬時に世界中に情報を届けられる反面、書籍と違って編集がかからないので、情報に誤差が出る

 

トレンド記事などはまさにその典型で、少し時間が立てばタイトルと内容の一致がなくなってしまうのです。

 

これはSEOの基準の一つです。その他の原因もありますが、重要なことです。トレンドブログは共起語が変わりやすい

 

記事が古くなりやすい、古い誤情報だらけのブログのドメインは弱くなりやすい

 

スパム判定直前の誤情報だらけのブログに記事を足して行っても評価されないのは当然です。

 

このように記事をいくつも書いてもアクセスが伸びないブログが完成する。トレンドブログでアクセスが集まらない人はこういう負の循環に陥っているのです。