リライトのコツと方法!ブログの書き方を極めてアドセンスで稼ごう♪

アドセンスで稼げるブログを作るために!ブログの記事の書き方、リライトのコツやテクニック,やり方や手順などを紹介!これでブログを資産にしましょう!



f:id:find-search:20150617201913j:plain

f:id:find-search:20150617202016j:plain

f:id:find-search:20150617202127j:plain

f:id:find-search:20150617202305j:plain f:id:find-search:20150617204001j:plain

 




リライト記事にペナルティーを受けないためのコツと対策方法

今回の質問はリライト記事に対するペナルティーです。誰かのネタを借用してそれをリライトするわけですから、他人と同じようなパクり記事になってしまったら、コピーコンテンツとしてグーグルから厳しい罰則が与えられます。

 

場合によってはドメインごとにペナルティー、二度とそのドメインは使えないようになってしまいます。

 

そこで今回はリライト記事のペナルティー対策を書こうと思います。

 

f:id:find-search:20151006193212j:plain

 

オリジナルコンテンツを増やせばタイトルがペナルティー回避できる

まず、リライトについてですが、文章そのものをリライトするとい方向よりも、内容を拝借して自分の言葉で書き直すという作業にすれば大丈夫です。

 

テーマだけもらったり、記事タイトルのキーワードだけアイデアをもらって、その記事と自分の感想を比較しながら書いていくという方法ですね。

 

例えば「1000円で買えるおいしいフランスのワイン」という記事があっても、その内容は自分としては異論があることはありますよね?

 

その場合、まずは他人の意見(概要)を自分なりに要約してリライトし、自分の意見にしながら書き換えていくという作業が良いかと思います。

 

これならたとえタイトルが同じ「1000円で買えるおいしいフランスの赤ワイン」という記事を投稿しても大丈夫。

 

これならほぼ確実にペナルティーを回避できます。

 

だって、人によっておいしい赤ワインの解釈は様々なのですから、どれが正解とは限りません。必ずしもタイトルをそのままパクってはいけないわけではないです。

 

複数サイトやブログをミックスしてリライトする

これもペナルティーをまず受けません。ネイバーまとめが示す通り、他人のいろいろな意見を編集して、複数サイトや、ブログをリライトすれば、オリジナルのコンテンツになりますよね?

 

ある意味ひと手間かけているわけで、リライトする場合はいろんな意見を集めるということも重要です。

 

みなさんも大学のレポートなどでいろんな書籍をリライトして、提出していましたよね?それと同じです。

 

いろんなブログを使うことでペナルティー回避も可能

これは私が実験したのですがAのブログではだめでもBのブログではリライト記事が許される。独自ドメインサイトではだめでも、無料ブログだと問題なかったりする。

 

その理由は分からないのですが、ブログ分散もリライト記事ペナルティーを避けるためには有効だと思います。

 

集客ブログと販売ブログを分けてペナルティーを避けよう

私もリライト記事を書く場合は、それは集客用のブログに徹することにしています。メインサイトで絶対にペナルティーを受けたくないサイトは、リライト記事を使わないことにしています。

 

あくまで集客用の記事としてリライト記事を使うのであれば、リスクをかなり回避することが可能です。

 

ペナルティーはドメイン事にかかりますので、ドメインを分散しておくことでリスク回避につながります。

 

プロの外注を使わない場合はコピペチェックが必須

リライト記事にも質があって、一見素晴らしい記事に見えても、どこかの有名ブログやポータルサイトの丸パクりを送ってくる場合もあります。

 

大体、ランサーズ、ココナラなどの個人契約でリライトを頼むとそのようなことになりがちです。その場合は必ずコピペチェックツールを使うようにしましょう。

 

kagemusya.biz-samurai.com

 

例えばこのツールは無料でもかなり精度が高いです。

 

私の場合はこのような作業がめんどくさいのである程度お金を払ってプロのリライターさんにお願いしてしまします。

 

フェイスブックにリライト記事を投稿する手段もある!?

これを書くと、丸パクりの人が出てきそうで嫌なのですが、フェイスブックの場合は検索エンジンからのSEO集客は全く関係ないので、後は「いいね!」で集客するために、リライト記事を利用するという手法もあるでしょうね。

 

ただ、それがどこかの記事のパクりだとばれたら、アカウントごと通報されて削除される可能性もあると思うので要注意

 

あくまでオリジナル性の高いリライト記事にしましょう。

 

他にもいろんな手段はあるのですが、それはこの次に書こうと思います…。